川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • ドクターズコラム

ドクターズコラム

  • 食道内異物

  • 中田動物病院 
    古守 悟 院長

  •  元気な犬や猫は食べ物をよくかまずに飲み込むことがあります。ある程度の大きさのままフードを飲み込むと、その反動で食道内のフードを吐き出しますが、すぐに吐いたフードを食べてしまいます。また、異物を飲み込 ...[続きを読む]

  • 糖尿病は家族で管理する

  • そえだ動物病院 
    添田岳史 院長

  •  持続した高血糖により尿糖が出てしまう「糖尿病」。誰しも一度はこの病気の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。血液検査と尿検査ではっきりと異常が現れますし、臨床症状も特徴的なので、理解はしやすい ...[続きを読む]

  • デルマドローム

  • 葛西皮膚科医院 
    葛西 庸子 院長

  •  皮膚は内臓の鏡といわれるように、内臓疾患の症状として皮膚に現れることがあります。これをデルマドロームといいます。  肝疾患であれば黄疸といって皮膚が黄色くなり、手のひらが赤くなることもあります。後頸 ...[続きを読む]

  • 私が守るもの

  • 新百合ヶ丘こころのクリニック 
    浅田 義孝 院長

  •  アニメ『エヴァンゲリオン』の完結編(何度目?)が公開予定ですね。表題は、ヒロイン・綾波レイが共同で敵と戦う直前、怯える主人公・碇シンジに告げる有名なセリフです。  実は、このことばの英訳には2種あり ...[続きを読む]

  • 血圧と脳卒中

  • 百合が丘すみれクリニック 
    松浦 健太郎 院長

  •  季節の変わり目には体にさまざまな変化が起こりがちです。屋外と室内の温度差のために急な血圧の変動を来し、脳の血管に負担が掛かると、脳卒中の原因になります。  脳卒中は脳の血管が詰まる「脳梗塞」と、脳の ...[続きを読む]

  • 小児の副鼻腔炎に注意を

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  風邪や鼻アレルギーの罹患後に黄色や緑色の濃い鼻汁に変化してなかなか治まらないのは、慢性副鼻腔炎のサインかもしれません。副鼻腔炎になると、膿性鼻汁の他に鼻づまり・頭痛・頰部痛・頭重感・不眠・後鼻漏によ ...[続きを読む]

  • 歯の神経を取ってはいけない

  • うえはら歯科医院 
    上原 良一 院長

  •  歯は神経が無くなると、本来の機能を失います。破折や歯周炎の可能性も高く、約70%が再根管治療になっています。再治療を繰り返すことで将来的に抜歯になる場合があります。抜歯や神経を取る行為は外科治療なの ...[続きを読む]

1 2 3 62