川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • そえだ動物病院

そえだ動物病院

添田 弘 院長

添田 弘 院長

東京都稲城市出身 麻布大学卒
◆日本獣医がん学会
◆小動物臨床外科医会
◆川崎市獣医師会
◆日本動物病院福祉協会

コラム一覧

院長紹介

 
飼い主と共にペットの幸せを考える生涯のかかりつけ医に
 
麻生区千代ヶ丘の閑静な住宅街にある「そえだ動物病院」は、1987年の開院から30年を迎える。まだ小動物の病気に関する研究が進んでいなかった時期から先進的な治療を取り入れ、家族の一員であるペットの健康を見守ってきた。言葉を話せない動物たちの症状を適確に読み取って診断し、日頃のケアやしつけのアドバイスまで行っている。飼い主たちからの信頼も厚く、ペットが一生幸せに過ごせるお手伝いをしている。
 
■ 先進的治療に情熱を傾け、獣医学の発展と共に30年
 父親が東京都稲城市で動物病院を開業していたため動物の世話を手伝うこともあり、物心ついたときには自然に獣医師を志すようになっていたという添田先生。転機は大学卒業後に米国で研修を受けた時。当時日本の獣医学は牛・馬・豚などが中心で、家庭で飼われている小動物を学ぶ機会は少なく、獣医師はそれぞれの経験を頼りに薬を処方し治療を行うことが多かった。しかし、米国では動物も人と同じように血液やレントゲンを基に客観的に診断することに衝撃を受け、新しい治療に取り組むことができる動物病院を作りたいと開業を決意。その後日本でも研究が進み、動物の新しい病気が次々に発見されて治療法が確立していき、この30年間で獣医学は大きく発展。添田先生は「治らなかった病気が治せるようになっていくのがうれしく、学ぶことが楽しかった」と振り返る。
 
■ プライマリードクターとして飼い主が納得できる治療を
 来院するのは犬や猫が大半で、ウサギ・小鳥・ハムスターなどが数パーセント。どのようなペットに対しても添田先生が心掛けてきたのは、飼い主に考えられる治療法をすべて知ってもらい、しっかり話し合った上でペットにとって負担が少なく飼い主も納得できる最適な治療を行うことだという。また、さまざまな動物・病気に対応できるプライマリードクター(総合診療医)として地域の動物たちの窓口となり、大学病院や高度医療センターと連携しながら、最期のときまで関わっていける「生涯のかかりつけ医になっていきたい」と話す。
 
■ 年1回の誕生日健診で動物たちの健康管理を
 「誕生日には必ず受診すると決めておくなどして、年に1回は健康診断を受けることをお勧めしています」。しっぽのある家族は、何か自分の体に異変を感じたとしても、それを言葉で伝えることができない。目に見えない症状には、人間の家族が気づいてあげなければならず、健康診断を受けることが隠れた病気や怪我の発見につながる。大切な家族の健康を守り、長く一緒に暮らしてもらうため、添田先生は日頃からの健康管理の重要性を訴えている。

  • 外観
  • 看板
  • 待合室
  • 診察室
  • 手術室

お知らせ

2016.12.1(木)
歯科キャンペーン・お誕生日健診実施中
歯科キャンペーンを行っております。口臭、歯石が気になる。歯周病は?
お誕生日検診もおこなっております。ぜひこの機会に相談してみてはいかがですか?
2016.12.1(木)
年末年始休診のお知らせ
2016年12月30日(金)~2017年1月4日(水)までの間は年末年始休診とさせていただきます。
通院継続の方は予約診療となります。5日から通常診療となります。




診療時間

 
9:00~12:00 ×
14:00〜19:00 ×

※火曜・日曜午後は院長休診
※金曜・祝日は予約診療のみ(当番医が担当)
※診療対象:犬・猫・ウサギ・ハムスター・小鳥 (ウサギ・ハムスター・小鳥は院長の診察)