川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • ドクターズコラム

ドクターズコラム

  • ムカデに刺されたら

  • 葛西皮膚科医院 
    葛西 庸子 院長

  •  暑くなりましたが、この時期に増えるのが虫刺されです。蚊や蜂、毛虫などさまざまな生物によるものがありますが、今回はムカデに刺された際の対処法をご紹介します。  ムカデは屋外だけでなく屋内にも侵入し、夜 ...[続きを読む]

  • 天然歯の寿命

  • うえはら歯科医院 
    上原 良一 院長

  •  天然の歯は他の臓器と同様に、人の寿命まで使えるようにできています。しかし医療が発展し、食生活が豊かになり寿命が延びた現代では、歯のメンテナンスは欠かせないことになっています。8020運動(80歳まで ...[続きを読む]

  • 胃内異物

  • そえだ動物病院 
    添田岳史 院長

  •  誤食による胃内異物が一番多く、ボール・おもちゃ・桃の種・靴下・タオルなどいろいろな物があります。特に2歳未満の若い犬では、遊びの中でおもちゃを飲み込んだり、子猫では糸やひもなどの糸状異物が多く見られ ...[続きを読む]

  • 私の薬って危ないの?

  • 新百合ヶ丘龍クリニック 
    龍 祥之助 院長

  •  最近、週刊誌に「飲んではいけない薬」というような記事が載り、多くの人が服用している薬に不安を感じているようです。どんな薬でも副作用が出る可能性があり、また他の薬との飲み合わせもあります。そのため薬は ...[続きを読む]

  • ビールと脱水症

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  夏、たっぷりと汗をかいた後のビール、のど越しさわやかな爽快感がたまらない。そう感じる人も多いと思います。しかしそこには危険が潜んでいます。脱水状態の体でビールを飲むと更に脱水が進行するのです。ビール ...[続きを読む]

  • 高尿酸血症・痛風

  • 百合が丘すみれクリニック 
    松浦 健太郎 院長

  •  血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態を高尿酸血症と呼び、最初は自覚症状がなく放置する人が少なくありませんが、高尿酸血症はさまざまな合併症の危険信号です。高尿酸血症が続くと尿酸が結晶化し関節に ...[続きを読む]

  • 離乳食と食物アレルギー

  • おばた小児クリニック 
    小幡 俊彦 院長

  •  アレルギー疾患治療の原則はアレルゲンの回避であり、食物アレルギーの治療の原則も原因食物を避けることにあります。この原則は予防にもなると考えられ、アレルゲンになりそうな食物の摂取を遅らせることがアレル ...[続きを読む]

1 32 33 34 35 36 45