川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_eyes07

結膜弛緩症

目 診療のこと 

 年齢が上がると、結膜(白眼の膜)が緩んできて、眼球とまぶたの間の隙間が減ってくることがあります。これを結膜弛緩症と呼んでいます。本来ならば、眼球と結膜の間のくぼみは涙がたまるスペースなのですが、緩んだ結膜によりこのくぼみがなくなると、その上に涙がたまってしまいます。また、涙の排出経路である涙点を緩んだ結膜がふさいでしまうことにより、正常な涙の排出がされなくなり、余計に涙がたまるようになります。

 一方、眼の表面には常に微量の涙が分泌されていて、眼はその涙の層で覆われているのですが、もともとドライアイの傾向がある場合は、弛緩した結膜により分泌された涙が眼の表面を覆うのを邪魔してしまうため、ドライアイが悪化することもあります。

 根本的な治療としては、手術により余った結膜の切除や緩んだ結膜を眼球に縫い付ける方法となりますが、点眼により多少症状が改善することもあります。

(2023年2月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_nature64
口・歯 診療のこと 

ザイゴマインプラントについて

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
口・歯 診療のこと 

当院でインプラントを行わない理由 (10)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal15
ペット 診療のこと 

春の健康診断

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal34
ペット 診療のこと 

輸液療法 (2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior04
シニア 診療のこと 

転倒しづらい環境を整える

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child04
アレルギー 子ども 季節の注意 

小児の花粉症

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature27
胸部・腹部 診療のこと 

ピロリ菌が関連する病気とは

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_woman02
アレルギー 季節の注意 

花粉症

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_body25
血液・血管 診療のこと 

歩くと脚が痛くなります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_nature59
下腹部 診療のこと 

これって血尿?

もちづき泌尿器科クリニック
望月 康平 院長
column_nature69
診療のこと 頭部・首・肩 

認知症は異常タンパク蓄積病

しんゆり脳神経外科クリニック
竹本 安範 院長
column_mouth02
口・歯 診療のこと 

失った歯を補う治療法

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
  • 2024.03.26 (火)
  • 花粉症
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長