川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child35

スキンケアによるFAの発症予防

アレルギー 

 乳児期のアトピー性皮膚炎(AD)と食物アレルギー(FA)は、高率に合併することが知られています。そのため、妊娠中の食物制限や離乳食の開始時期、アレルゲンになりそうな食品の摂取を遅らせるなどの対策がとられたことがありますが、予防効果はありませんでした。現在では湿疹(炎症)により皮膚のバリア機能が低下すると食物アレルゲンの経皮感作が起こりやすくなり、結果として食物アレルギーが発症するという考え方が定着しています。

 英米共同チームは、アレルギー疾患の家族歴のある新生児に生後3週間以内に保湿剤を塗布することで、生後半年の時点でのADの発症率を約半分に抑制できたと報告しました。日本でも、生後早期からのスキンケアによりADの発症が約半分になるという報告がなされています。さらにもう一つのFA予防のポイントは、離乳食の中身と開始時期を検討することです。

(2020年3月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior21
口・歯 

歯科におけるアンチエイジング

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior08
シニア 感染症 

「フレイル」をご存じですか? (3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior03
口・歯 

義歯で変わる生活の質

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal39
ペット 感染症 

犬のレプトスピラ感染症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal35
ペット 

子どもの社会化

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior05
シニア 

訪問看護ステーション (2)「家族支援」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child21
子ども 感染症 

新型コロナと小児喘息

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman26
アレルギー 季節の注意 

夏の喘息対策

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior20
シニア 胸部・腹部 

高齢者肺炎ワクチン接種のすすめ

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_genki30
胸部・腹部 

心不全が増えています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.07.29 (水)
  • 夏の喘息対策
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長