川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter

歯の神経を取ってはいけない

口・歯 診療のこと 

 歯は神経が無くなると、本来の機能を失います。破折や歯周炎の可能性も高く、約70%が再根管治療になっています。再治療を繰り返すことで将来的に抜歯になる場合があります。抜歯や神経を取る行為は外科治療なので、できるだけ避けるべきです。

 人間の体は大部分が水分なので、健康な歯の内部も同様に血液で満たされています。神経を取る行為は歯の内部が空洞化することなので、ペットボトル飲料を開栓することと同じなのです。新品のペットボトル飲料は簡単には潰せませんが、一度開栓したペットボトルは簡単に潰せますし、多くの人が数日経った飲み残しは捨てています。これは中に空洞ができることで菌に感染したと思っているからです。歯にも同じことが言えます。

 よって歯の神経を取る(抜髄)は避けるべきなのです。当院では3MIX-MP法®を主体とした治療で抜髄・抜歯・破折・炎症から歯を守っています。

(2020年2月執筆)

執筆者プロフィール

  • うえはら歯科医院

  • 上原 良一 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 

口の中も無菌にはできません

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior12
シニア 

高齢者の睡眠について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal29
ペット 季節の注意 

抜け毛

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal28
ペット 下腹部 胸部・腹部 

便秘

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior09
シニア 

地域における民生委員の役割とは?

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_body01
アレルギー 薬 

舌下免疫療法

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body32
時事 胸部・腹部 血液・血管 

内臓脂肪型肥満とは

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature06
胸部・腹部 

睡眠時無呼吸症候群と心臓

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

健康診断で「心拡大」と言われた

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth15
口・歯 

「何かあったら」ではなく、今のうちにトラブル予防

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth03
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes03
時事 目 

眼科におけるサプリメント

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.12.02 (水)
  • 抜け毛
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長
  • 2020.12.01 (火)
  • 便秘
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長