川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_baby13

離乳食の開始時期

アレルギー 子ども 

 離乳食の開始を遅らせることで、食物アレルギーの発症を予防する効果は期待できません。逆に食物アレルギーを予防する方法としては、乳児期早期からいろいろな食品を摂取する方が有効であるとの報告が多くなされています。

 一般的な離乳食の開始時期である生後5~6か月頃を目安に、卵・乳・小麦などの食品を月齢に合わせた食材・量・回数を考慮して摂取させることが望ましいと考えられています。例えば、完全母乳栄養児にデザート感覚で少量のミルクを飲ませることもあります。この考え方は日本に限らず欧米でも同様で、鶏卵・ピーナッツ・魚などといった特定の食品の開始を遅らせることは、推奨しないと発表されています。

 離乳食を開始する前にすでに、ある特定の食品に感作されている場合もありますので、本人に湿疹がある、家族に食物アレルギー患者がいる場合などは、アレルギー専門医に相談してください。

(2019年3月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_animal35
ペット 

症状から見る病気~お尻歩き〜

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal03
ペット 

多飲多尿(2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_mouth12
口・歯 診療のこと 

歯を抜いたり削ったりしてはいけない(13)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_body31
口・歯 

口呼吸の弊害と歯並びの関係(6)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_eyes03
目 

眼鏡は変形していませんか?

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_body35
手足 皮膚 

手湿疹

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman47
心・精神 薬 

不眠症と睡眠導入剤のこと

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_senior10
シニア 診療のこと 

最期までおうちで過ごすには? 転倒編(2)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child25
アレルギー 子ども 

プロバイオティクスとFA

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body36
予防 診療のこと 

糖尿病治療はまず食事・運動療法から

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior27
シニア 時事 

高齢者・認知症の自動車運転について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior08
シニア 口・歯 

誤嚥

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
  • 2019.08.07 (水)
  • 多飲多尿(2)
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長
  • 2019.08.02 (金)
  • 手湿疹
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長
  • 2019.07.26 (金)
  • 誤嚥
  • ごみぶちクリニック
  • 五味渕 誠 院長