川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_woman40

脈が遅いけど大丈夫ですか?

診療のこと 

 健康診断などで脈拍数が少ないと指摘される人がいます。我々の安静時の脈拍数は毎分60〜90回です。いろいろな基準がありますが、毎分50回以下になると脈拍数が少ない「徐脈」と診断されます。しかし徐脈の全てが問題になる訳ではなく、症状がなければ様子を見られることがほとんどです。

 徐脈による症状とは動くと息切れがする、一時的に目の前が暗くなる、気を失うなどです。もし徐脈が見つかった場合、まずは原因を調べます。原因はさまざまですが、心臓にある脈を調節する場所の異常や甲状腺などのホルモンの異常、服用中の薬によるものなどがあります。

 原因が治療できる時は治療し、原因の治療が難しい場合はペースメーカーという人工的に脈を補う機器を体に植え込みます。体に植え込むと聞くと怖い感じですが、最近では薬のカプセル程の大きさの機器も開発され、状態によっては体への負担が少なく治療できます。

(2018年3月執筆)

執筆者プロフィール

  • 新百合ヶ丘龍クリニック

  • 龍 祥之助 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior21
口・歯 

歯科におけるアンチエイジング

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior08
シニア 感染症 

「フレイル」をご存じですか? (3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior03
口・歯 

義歯で変わる生活の質

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal39
ペット 感染症 

犬のレプトスピラ感染症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal35
ペット 

子どもの社会化

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior05
シニア 

訪問看護ステーション (2)「家族支援」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child21
子ども 感染症 

新型コロナと小児喘息

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman26
アレルギー 季節の注意 

夏の喘息対策

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior20
シニア 胸部・腹部 

高齢者肺炎ワクチン接種のすすめ

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_genki30
胸部・腹部 

心不全が増えています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.07.29 (水)
  • 夏の喘息対策
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長