川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_eyes07

ステロイド点眼について

目 薬 

 ステロイド点眼剤は眼の炎症、充血の治療で使われます。即効性があり、花粉症によるアレルギー性結膜炎でもしばしば使用されます。ステロイドの内服では顔のむくみ・肥満・血糖値上昇・胃潰瘍など体の副作用が出ることがあり、このため、ステロイドは怖いもの、なるべく使いたくないと思っている人も少なくありません。

 点眼剤では、体の副作用が出ることはほとんどなく、注意する点としては、眼圧が上がる場合があることです。眼圧が上がると緑内障になるわけですが、上がってもステロイド点眼を中止すれば下がることが多く、また眼圧の上がりやすさは濃度によっても変わり、薄い濃度のものはほとんど眼圧上昇を起こしません。

 眼圧測定を怠らなければ、必要なときに的確に必要量を使用することで、症状も早く改善でき安全に使用できますので、むやみに避けずにうまく使いましょう。

(2018年1月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 

口の中も無菌にはできません

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior12
シニア 

高齢者の睡眠について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal29
ペット 季節の注意 

抜け毛

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal28
ペット 下腹部 胸部・腹部 

便秘

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior09
シニア 

地域における民生委員の役割とは?

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_body01
アレルギー 薬 

舌下免疫療法

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body32
時事 胸部・腹部 血液・血管 

内臓脂肪型肥満とは

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature06
胸部・腹部 

睡眠時無呼吸症候群と心臓

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

健康診断で「心拡大」と言われた

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth15
口・歯 

「何かあったら」ではなく、今のうちにトラブル予防

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth03
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes03
時事 目 

眼科におけるサプリメント

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.12.02 (水)
  • 抜け毛
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長
  • 2020.12.01 (火)
  • 便秘
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長