川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_woman15

食物アレルギーは治りますか? (1)

アレルギー 

 食物アレルギー(以下FA)は、新生児期から成人期までさまざまなタイプが存在し、発症年齢や臨床型、原因食物の種類により耐性化(改善)率には違いがありますが、乳幼児期に発症したFAの多くは成長に伴い治ります。臨床型別に説明しますと、

(1)新生児・乳児消化管アレルギー:下痢、嘔吐、血便などの症状で始まり主に牛乳が原因となりますが、早期に適切な対応ができれば多くは1歳までに良くなります。

(2)FAの関与するアトピー性皮膚炎:早期に診断し、湿疹のコントロールをしっかり行うことにより、FAへの進展の予防と早期の耐性獲得が期待できます。

(3)即時型症状:通常2時間以内に発症するFAで、乳児期から成人期まですべての年齢で起こります。学童・成人発症の場合は自然に良くなることは少ないのですが、乳児期発症の場合は原因食物にもよりますが、一般的に良くなることが多いと思います。

(2017年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior29
シニア 診療のこと 

ACPって知っていますか?

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_mouth11
予防 口・歯 

完全に歯周病感染をなくす方法とは?(1)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_eyes11
目 診療のこと 

コンタクトレンズとアレルギー性結膜炎

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_mouth08
口・歯 診療のこと 

歯を抜いたり削ったりしてはいけない(4)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_mouth06
予防 口・歯 

予防歯科と治療計画

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_senior28
薬 診療のこと 

おうちで最期まで過ごすには? (5)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_animal14
ペット 

子犬の社会化期

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal19
ペット 胸部・腹部 診療のこと 

犬の僧帽弁閉鎖不全症

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_mouth05
口・歯 診療のこと 

歯科治療の耐久性と医療安全(4)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_child01
口・歯 感染症 皮膚 

手足口病

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_nature45
心・精神 診療のこと 

寒時は闍黎を寒殺し、熱時は闍黎を熱殺す

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_child38
アレルギー 子ども 皮膚 

FAの診断の進め方

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
  • 2018.09.30 (日)
  • 手足口病
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長