川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter

ドクターズコラム

  • 血液検査で見る腎臓病

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  腎臓の評価は糸球体濾過率が最も正確な指標となります。腎臓は尿毒を尿として排泄することも大事なことですが、その他に水分保持や排泄を調節しています。また、ミネラルのバランスの維持、貧血に反応してエリスロ ...[続きを読む]

  • 血液検査で見る胃腸病

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  胃腸疾患は下痢、嘔吐、食欲不振、発熱などの臨床症状で診断することが一般的です。寄生虫やウイルス、細菌感染では便の検査が有効になります。特殊な病気には蛋白漏失性腸症があり、この時に症状はほとんど出さず ...[続きを読む]

  • 血液検査で見る膵臓

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  膵臓は消化酵素やインスリンを分泌する臓器です。胃で粥状になった食物は十二指腸で胆汁と膵液によってさらに分解され、小腸から栄養として吸収されます。膵臓からは蛋白分解酵素(トリプシノーゲンなど)、糖質分 ...[続きを読む]

  • 血液検査で見る胆嚢

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  胆嚢は肝臓で作られた胆汁を溜めておく所で、水分を吸収して濃縮もします。胆管は細胞レベルの細い管から太い総胆管まであり、肝臓の評価の時のALPとGGTの変化と共にALT、AST、TBIL、総胆汁酸で評 ...[続きを読む]

  • 血液検査で見る肝臓

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  健康診断などで肝酵素活性を用いて評価します。ALT(GPT)、AST(GOT)、ALP、GGT(y-GPT)の4つが代表的です。肝臓は腹部の臓器の中で一番大きく、その仕事内容もさまざまです。主な仕事 ...[続きを読む]

  • 血液検査どうしてするの?

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  血液の中には多くの情報があり、細かく分析することで病的状態にあるのか、正常な状態にあるのか我々獣医師が判断します。参考基準値があり、その中にあればほぼほぼ問題は無いと思います。  健康診断などで数値 ...[続きを読む]

  • 物言わない家族のために

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  病気とは、生き物の解剖学的構造、機能を変化させた結果、病状あるいは兆候を作り出すと考えられています。正常と異常を量的概念で正常値や異常値などと数値化され、症状などで表現して「病気である」とされます。 ...[続きを読む]

  • 巨大結腸症

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  長期間糞便が停滞すると持続的に水分が吸収され、便は大きく硬くなり、排泄が困難になります。大きく硬い糞便により、長期にわたる結腸の拡張が続くと、結腸の平滑筋や神経に不可逆的な変化が起こり、無力的になり ...[続きを読む]

  • 大腸炎

  • そえだ動物病院 
    添田 弘 院長

  •  大腸性の下痢は、通常頻繁な排便(通常の3倍以上)、ときとして過剰な粘液や潜血を含む少量の排泄、しぶりなどを特徴とし、嘔吐が見られることがあります。前にお話をした、細菌性腸炎に伴うことが最も多く、食事 ...[続きを読む]

1 2 3