川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter

ドクターズコラム

  • 高尿酸血症

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  人体は常に古い細胞を壊し、新しい細胞を作る新陳代謝を繰り返しています。この時、細胞の核にあるプリン体は分解されて尿酸になり、約7割は腎臓で尿中に排出されるのです。尿酸が多くなると過剰な尿酸が血中で尿 ...[続きを読む]

  • 危険です。ヒートショック

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  ヒートショックとは、急激な温度変化が体に悪影響を及ぼした状態を言います。日本気象協会がヒートショック予報を出すなど最近注目されています。これは年間死亡者数が1万9千人と多く、さらに増加しつつあるから ...[続きを読む]

  • 貧血

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  血中ヘモグロビンが減少している状態が貧血です(めまいや失神発作を起こす時も貧血と言いますが、この場合の脳貧血とは違います)。ヘモグロビンは赤血球の成分で鉄を含んでおり、鉄が空気中の酸素を取り込み、心 ...[続きを読む]

  • 血管年齢

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  誰でも年とともに血管も老化していきます。検査で年齢に比べて老化が進んでいる結果が出るととても気になりますね。医療機関で比較的広く用いられている検査方法の一つに胸と手足に電極やカフを付けて、心音と上下 ...[続きを読む]

  • 胸腺腫と重症筋無力症

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  胸腺は免疫の生成に関与する臓器で前胸壁中央の裏、心臓より上にあります。思春期頃まで胸部レントゲンでも確認できるほど増大し、その後退化していきます。胸腺腫は胸腺に発生する腫瘍で胸腺がんと異なり、多くは ...[続きを読む]

  • 心房細動の抗凝固療法

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  心房細動になると心房が正常に血液を拍出できず、心房内に乱流を起こします。本来、心臓内で血液は凝固しませんが、乱流が起こると心房壁に凝固し、剥がれると血流で運ばれ、脳梗塞を起こします。特に広範囲の脳梗 ...[続きを読む]

  • 危険な夏かぜ

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  暑さ対策について最近はいろいろと注意喚起されてきました。例えば水分は充分に摂取し、ミネラル補給にも留意する。暑い所と涼しい所の出入りや、冷え過ぎは冷房病の原因となるので、外気との温度差を5度以内もし ...[続きを読む]

  • 腹部大動脈瘤

  • ごみぶちクリニック 
    五味渕 誠 院長

  •  瘤とは嚢状のこぶのことで、近年の動脈硬化症の増加に伴い大動脈瘤も増加傾向にあります。進行しても症状がないことが多く、しかも破裂すると突然死に繋がる重篤な疾患です。  動脈硬化で血管壁が弾性を失いもろ ...[続きを読む]

1 2 3 4