川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_body01

睡眠導入剤の長期服用について

薬 

 人は脳神経細胞の自然な緊張により正常な集中力や記憶力、運動バランスやホルモンの調節などを保っています。脳内にも神経の緊張が過度にならないように抑える物質があり、この物質を活性化するのが睡眠導入剤や精神安定剤です。適切な運動・睡眠環境・食生活・ストレスの軽減により改善しない強い不安や不眠のときに使用されます。

 しかし、長期間の常用は全身のバランスが狂うだけでなく、突然中止すると脳神経緊張の抑制が効かず痙攣・精神錯乱・幻覚などを起こすことがあります。また、依存性や耐性を生じやすく、特に高齢者は薬の代謝・排泄機能が低下しているため体内に残りやすく、めまいを起こして転倒し、骨折する危険がありますし、認知症が増えるとも言われています。とはいっても、適切に使用すれば危険な薬ではありません。服用を始めるにも止めるにも、医師の指導に従って行いましょう。

(2020年1月執筆)

執筆者プロフィール

  • ごみぶちクリニック

  • 五味渕 誠 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth10
口・歯 時事 

コロナ禍に学ぶ歯ブラシの仕方(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes25
時事 目 

スマートフォンを使うとき

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal40
ペット 目 

犬・猫の緑内障

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal44
ペット 手足 背中・腰 診療のこと 頭部・首・肩 

保定(2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_body01
心・精神 薬 

SSRIについて

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_woman01
口・歯 診療のこと 

脳歯科

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior08
感染症 時事 胸部・腹部 

コロナに負けないために〈腸内細菌・免疫力〉

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_senior10
シニア 成人 胸部・腹部 血液・血管 

心房細動発症の危険因子

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_woman45
成人 胸部・腹部 血液・血管 

肺だけの高血圧もあります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth05
口・歯 診療のこと 

お口の健康と資産寿命

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth11
口・歯 時事 

コロナ禍に学ぶ歯ブラシの仕方

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior23
シニア 

高齢者の頻尿について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
  • 2021.05.01 (土)
  • 保定(2)
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長
  • 2021.04.30 (金)
  • SSRIについて
  • 新百合ヶ丘こころのクリニック
  • 浅田 義孝 院長
  • 2021.04.29 (木)
  • 脳歯科
  • 脇谷歯科医院
  • 脇谷 清隆 院長