川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_body01

睡眠導入剤の長期服用について

薬 

 人は脳神経細胞の自然な緊張により正常な集中力や記憶力、運動バランスやホルモンの調節などを保っています。脳内にも神経の緊張が過度にならないように抑える物質があり、この物質を活性化するのが睡眠導入剤や精神安定剤です。適切な運動・睡眠環境・食生活・ストレスの軽減により改善しない強い不安や不眠のときに使用されます。

 しかし、長期間の常用は全身のバランスが狂うだけでなく、突然中止すると脳神経緊張の抑制が効かず痙攣・精神錯乱・幻覚などを起こすことがあります。また、依存性や耐性を生じやすく、特に高齢者は薬の代謝・排泄機能が低下しているため体内に残りやすく、めまいを起こして転倒し、骨折する危険がありますし、認知症が増えるとも言われています。とはいっても、適切に使用すれば危険な薬ではありません。服用を始めるにも止めるにも、医師の指導に従って行いましょう。

(2020年1月執筆)

執筆者プロフィール

  • ごみぶちクリニック

  • 五味渕 誠 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_senior14
シニア 

「フレイル」をご存じですか? (2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_mouth02
口・歯 

不要不急ごとではない、歯科健診

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal13
ペット 

猫のフィラリア症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal05
ペット 皮膚 

アトピー性皮膚炎

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior30
皮膚 

紫色のあざ

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman16
心・精神 

コロナ禍の中で:「密」の両面性

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body31
口・歯 

無呼吸や鼻炎は歯科で改善する

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior28
シニア 

訪問看護ステーション (1)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child42
子ども 耳・鼻・喉 

難聴の早期発見のために

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_genki29
胸部・腹部 

「脂肪肝」意外と危険です

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
  • 2020.06.30 (火)
  • 紫色のあざ
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長