川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_nature34

心あたりのある人は

心・精神 薬 

 うつ状態の薬物療法は、セロトニン神経系を元気にするSSRIなどの抗うつ薬が主体です。こころと頭脳への過剰負荷で、気の沈み以外にも思考・意欲など脳全体が思うように働かないうつ状態、そこで「元気と落ち着きのセロトニン神経系」などに働きかけ回復を図ります。実はパニック障害などの不安障害にも、主剤は抗不安薬でなくSSRIです。

 しかし、その副作用の経過と対応の理解、自覚症状消失後に再発予防のため維持療法が不可欠なことはさておき、SSRIは誰にでも有効と言えないのが問題です。まず、発達障害が絡む場合は禁忌か慎重投与です。抗不安薬も同様です。情緒の長期的不安定化、依存乱用、自殺などの衝動行為のリスクがあります。

 半数近いという説もある双極性障害との鑑別も重要です。抗うつ薬より気分安定薬などが有効なことがあります。「私が心療内科なんて!」と悔しがる有能で活動的なあなたは少し双極寄りです。

(2019年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • 新百合ヶ丘こころのクリニック

  • 浅田 義孝 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior24
シニア 時事 診療のこと 

在宅療養生活における支援者のチーム連携

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_body04
胸部・腹部 

縦隔動揺

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_woman07
胸部・腹部 

胃がんは細菌が原因です

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth12
口・歯 

成人期・壮年期の虫歯と歯周病

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth05
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior22
シニア 心・精神 

高齢者の睡眠について

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal31
ペット 季節の注意 

異物摂取

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal09
ペット 胸部・腹部 

慢性腎臓病(1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature17
シニア 心・精神 

訪問看護ステーション(4) 「精神訪問看護」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child02
季節の注意 皮膚 

夏こそ保湿剤が必要です

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman53
成人 胸部・腹部 血液・血管 

血圧と慢性腎臓病

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman01
成人 血液・血管 

疲れと不整脈

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
  • 2020.10.28 (水)
  • 縦隔動揺
  • ごみぶちクリニック
  • 五味渕 誠 院長
  • 2020.10.01 (木)
  • 異物摂取
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長