川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter

ドクターズコラム

  • 緑内障の薬の話

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  緑内障とは視野が欠けて進行すると失明の恐れのある病気で、いったん視野が欠けると元に戻す方法はありません。このため早期発見が大事になります。  では、治療法は何があるのでしょうか? まずは眼圧を下げる ...[続きを読む]

  • 再発性角膜上皮びらん

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  再発性角膜上皮びらんとは、朝起床時に突然目が痛くなり、涙が出て充血する病気です。軽ければお昼頃にはだいぶ症状が改善しますが、重症な場合は、数日しても痛みがとれない場合があります。  角膜の表面が以前 ...[続きを読む]

  • ステロイド点眼について

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  ステロイド点眼剤は眼の炎症、充血の治療で使われます。即効性があり、花粉症によるアレルギー性結膜炎でもしばしば使用されます。ステロイドの内服では顔のむくみ・肥満・血糖値上昇・胃潰瘍など体の副作用が出る ...[続きを読む]

  • 白内障? 緑内障?

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  白内障と緑内障、一文字違いで紛らわしい名前の病気ですが、病態は全く異なります。白内障は誰でも年齢とともに生じ、眼の中のレンズ(水晶体)が濁って視力が低下する状態です。生活上不便が生じたら白内障手術を ...[続きを読む]

  • 結膜炎

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  最近ウイルス性結膜炎が増えています。細菌性の結膜炎の場合は、抗菌点眼がよく効き早く治りますが、ウイルス性結膜炎は人にうつりやすいため学校や幼稚園・保育園は登校・登園禁止となります。  結膜炎を起こす ...[続きを読む]

  • 近視の進行

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  近視とは近くは裸眼で見え、遠くは眼鏡やコンタクトレンズを使用しないと見えにくい状態です。近視を進ませたくないというのは多くの人の願いだと思います。画期的な方法はまだありませんが、近視の進行抑制の手段 ...[続きを読む]

  • 眼が赤くなった時

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  突然何もしていないのに、白目(結膜)が赤くなることがあります。出血の場合と、炎症や感染の場合があるのですが、絵の具で塗りつぶしたような赤さは結膜下出血のことが多いです。結膜下出血の原因は不明なことが ...[続きを読む]

  • 子どもの視力

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  子どもは生まれてすぐは視力が発達しておらず、成長とともに徐々に発達し、3歳~5歳程度で矯正視力が1.2まで伸びてきます。しかし遠視や乱視が強い、左右で遠視や乱視の程度に差があるなど、視力の発達過程で ...[続きを読む]

  • 緑内障は大丈夫?

  • こにし・もりざね眼科 
    小西 美奈子 院長

  •  緑内障は知らず知らずのうちに悪化し、見えにくいなどの自覚症状が出た頃には進行してきている疾患です。治療は進行を抑えることしかできず、症状を改善することはできません。 眼底検査をすると視神経乳頭陥凹拡 ...[続きを読む]

1 2