川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child32

アトピー性皮膚炎と内服薬 (1)

アレルギー 子ども 皮膚 薬 

 アトピー性皮膚炎(AD)の治療に経口抗ヒスタミン薬(経口抗ヒ薬)が使われることがありますが、現時点では外用療法(軟膏・クリーム・ローションなど)を補助する治療と位置付けられています。ADの主要症状である痒みのため、皮膚を引っ掻き更に皮疹が悪化するという悪循環に陥るため、痒みを抑制することは大切です。経口抗ヒ薬の主な目的は痒みを軽減することにあります。一般的に用いられる経口抗ヒ薬は、痒みの原因となるヒスタミンという物質が皮膚の毛細血管や末梢神経にあるヒスタミン受容体に結合することを阻止することによって効果が発揮されます。だたし痒みの原因がヒスタミンによるものだけではないため、経口抗ヒ薬を服用しても完全に抑制できるわけではありません。使う場合はかかりつけ医と相談し、眠気や集中力低下、倦怠感などを起こしにくい第二世代の経口抗ヒ薬を使いましょう。
(2015年10月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_nature32
口・歯 診療のこと 

ザイゴマインプラントについて(2)

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column170611
口・歯 診療のこと 

歯科医が保険外補綴物をすすめる理由

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal04
ペット 季節の注意 診療のこと 

梅雨の時期の皮膚トラブル

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal12
ペット 診療のこと 

猫の生活環境の意識 (1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature60
シニア 診療のこと 

在宅における睡眠環境について

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child14
子ども 季節の注意 

小児の紫外線対策

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman25
心・精神 診療のこと 

職場環境とメンタルヘルスについて

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_woman01
季節の注意 診療のこと 

梅雨に乱れやすい自律神経

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature68
胸部・腹部 診療のこと 

心臓に菌が付いてしまう病気

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior02
目 診療のこと 

白内障手術のタイミング (1)

わだ眼科クリニック
和田 悦洋 院長
column_woman48
下腹部 診療のこと 

膀胱(ぼうこう)炎は癖になる?

もちづき泌尿器科クリニック
望月 康平 院長
column_senior12
診療のこと 頭部・首・肩 

レビー小体型認知症について

しんゆり脳神経外科クリニック
竹本 安範 院長