川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child16

小児のコロナワクチン

予防 子ども 

 5歳から11歳を対象にした新型コロナワクチン接種が始まりました。厚労省のデータを元に大切な点を説明します。必要性については、小児においても中等症や重症例が確認されており、特に基礎疾患を有し重症化するリスクが高い小児は接種することが望ましく、今後もさまざまな変異株が流行する可能性があるため、小児も対象に加えた方が良いとされています。

 接種する量は12歳以上の3分の1で、接種回数は3週間の間隔で2回接種します。副反応は12歳以上と同様に接種部位の疼痛や頭痛・倦怠感・発熱など、さまざまな症状が確認されていますが、ほとんどが軽症または中等症と報告されています。当クリニックで接種した小児でも、接種部位の疼痛や軽度の発熱などを訴える場合がありましたが、12歳以上に比べて頻度も程度も軽く済んでいます。

 ワクチンはデルタ株にもオミクロン株に対しても十分な感染予防効果が期待できます。

(2022年5月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_animal23
ペット 季節の注意 

呼吸器疾患

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal46
ペット 

マイクロチップとは

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature17
シニア 成人 

在宅医療と診療所の社会福祉士

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child45
予防 子ども 感染症 

乳幼児のコロナワクチン

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman07
胸部・腹部 診療のこと 

魚に潜む「アニサキス」

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_body22
予防 耳・鼻・喉 

イヤホン、ヘッドホンの使用について

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_body12
成人 血液・血管 

脚の血管が太く蛇行しています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_nature30
予防 口・歯 診療のこと 

お口のトラブルを予防する

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column170611
口・歯 診療のこと 

3MIXーMP法(R) という治療法 (2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child07
目 診療のこと 

偽斜視とは?

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal09
ペット 診療のこと 

異物摂取~胃内異物~

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal38
ペット 診療のこと 

「癌性悪液質」 犬の栄養(2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
  • 2022.10.31 (月)
  • 偽斜視とは?
  • こにし・もりざね眼科
  • 小西 美奈子 院長