川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_animal03

症状から見る疾患「羞明(しゅうめい)」

ペット 目 

 「あれ? うちの子、眼を細めている!」このような様子を日常で見掛けることがあると思います。人と犬は目線の高さが違います。犬は日常的に地面に近いところで生活しているため、ホコリやゴミ、草などが眼に入ってしまう可能性が高いです。

 また、これらの物理的な刺激だけでなく、前眼部に起こる角膜炎や結膜炎などの疾患により、違和感を覚えて手足でかいたり、こすったりすることでも障害を起こすことが多いです。この場合、光の刺激により痛みや流涙を引き起こすので、眼を開いていられなくなります。角膜や結膜、網膜あるいは視神経や眼周囲の神経の異常によっても起こります。

 眼帯を付けることができたらいいですが、犬や猫はできないので、必要なときは一時的に目を閉じる簡単な手術をすることで、眼帯の代わりにすることがあります。愛犬が眼を細めているときは注意が必要ですね。 

(2020年2月執筆)

執筆者プロフィール

  • 中田動物病院

  • 古守 悟 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 

不要不急ごとではない、歯科健診

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal13
ペット 

猫のフィラリア症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal05
ペット 皮膚 

アトピー性皮膚炎

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior30
皮膚 

紫色のあざ

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman16
心・精神 

コロナ禍の中で:「密」の両面性

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body31
口・歯 

無呼吸や鼻炎は歯科で改善する

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior28
シニア 

訪問看護ステーション (1)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child42
子ども 耳・鼻・喉 

難聴の早期発見のために

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_genki29
胸部・腹部 

「脂肪肝」意外と危険です

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_shoku01
胸部・腹部 

加熱で予防できる肝炎もあります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth12
感染症 時事 

新型ウイルスへの当院での対応(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
予防 口・歯 感染症 

新型コロナウイルス感染予防のための当院の診療体制と取り

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
  • 2020.06.30 (火)
  • 紫色のあざ
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長