川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_eyes03

眼鏡は変形していませんか?

目 

 眼鏡は正しい位置でかけないと見えにくいものです。特に遠近両用などの累進レンズや乱視の入った眼鏡は、フレームが歪んでいるだけでも見えにくくなります。また、学童期の子どもや中高生は、運動などの際にフレームが変形することも多いです。

 チェックポイントは、(1)鼻パッドがつぶれていないか? つぶれていると眼とレンズの距離が近過ぎます。(2)鼻メガネになっていないか? この場合レンズの中央で見ていません。当然見えにくいですし、弱視や斜視の治療で装用されている場合は治療効果が減ります。(3)眼鏡を外し、逆さまにテーブルなどに置くとフレームがガタガタしないか? (4)フレームのテンプル(つる)が広がっていないか? 特に成長期の子どもは顔に対してフレームが小さくなると広がります。大きいサイズに変えた方が良い時期です。

 適正な位置で眼鏡をかけることが、適正な視力を維持するために大切です。

(2019年7月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_nature32
口・歯 診療のこと 

ザイゴマインプラントについて(2)

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column170611
口・歯 診療のこと 

歯科医が保険外補綴物をすすめる理由

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal04
ペット 季節の注意 診療のこと 

梅雨の時期の皮膚トラブル

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal12
ペット 診療のこと 

猫の生活環境の意識 (1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature60
シニア 診療のこと 

在宅における睡眠環境について

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child14
子ども 季節の注意 

小児の紫外線対策

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman25
心・精神 診療のこと 

職場環境とメンタルヘルスについて

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_woman01
季節の注意 診療のこと 

梅雨に乱れやすい自律神経

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature68
胸部・腹部 診療のこと 

心臓に菌が付いてしまう病気

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior02
目 診療のこと 

白内障手術のタイミング (1)

わだ眼科クリニック
和田 悦洋 院長
column_woman48
下腹部 診療のこと 

膀胱(ぼうこう)炎は癖になる?

もちづき泌尿器科クリニック
望月 康平 院長
column_senior12
診療のこと 頭部・首・肩 

レビー小体型認知症について

しんゆり脳神経外科クリニック
竹本 安範 院長