川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_mouth08

抜歯される歯の多くは生きている

口・歯 診療のこと 

 医師は生体や臓器が生きようとしていればそれを治療します。しかし医師でも壊死した生体や臓器を生き返らせることはできません。歯の場合、他の臓器に比べ生死の判断が難しいと言えます。
 壊死している歯の症状とは、(1)グラグラぷかぷかしていて、軽く押した程度の力や普通の食事で抜け落ちる、(2)歯が5つ以上に割れてバラバラである、(3)歯の崩壊が激しく長さが3mm以下である、このような場合です。逆に言えばこれ以外は生きていると言うことになります。
 例えば、痛みや腫れ、歯にひびが入っている、レントゲン写真で歯冠大位の影があるなどの場合、歯は重病ですが生きているのです。しっかりと処置できていないだけで、抜歯の理由にはならないのです。ですから抜歯をする時は、(1)矯正治療のため、(2)過剰な歯、(3)腫瘍に関連、(4)障害になった乳歯などです。適切な治療を行うと、なかなか入れ歯やインプラントにはならないものです。
(2017年4月執筆)

執筆者プロフィール

  • うえはら歯科医院

  • 上原 良一 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior12
シニア 

高齢者の睡眠について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal29
ペット 季節の注意 

抜け毛

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal28
ペット 下腹部 胸部・腹部 

便秘

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior09
シニア 

地域における民生委員の役割とは?

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_body01
アレルギー 薬 

舌下免疫療法

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body32
時事 胸部・腹部 血液・血管 

内臓脂肪型肥満とは

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature06
胸部・腹部 

睡眠時無呼吸症候群と心臓

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

健康診断で「心拡大」と言われた

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth15
口・歯 

「何かあったら」ではなく、今のうちにトラブル予防

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth03
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes03
時事 目 

眼科におけるサプリメント

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal30
ペット 

祈りの姿勢

中田動物病院
古守 悟 院長
  • 2020.12.02 (水)
  • 抜け毛
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長
  • 2020.12.01 (火)
  • 便秘
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長