川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child40

アトピー性皮膚炎の経過

アレルギー 子ども 皮膚 

 アトピー性皮膚炎(AD)の子どもたちが将来どれくらいの確率で良くなるのかということは、保護者にとって非常に気にかかる点だと思います。ADは一般に乳幼児・小児期に発症し、加齢とともに患者数は減少し、一部の患者さんが成人型のADに移行すると考えられています。1歳未満で小児アレルギー専門医によりADと診断された、169人の乳児を4年間追跡した大嶋らの報告では、症状は51%で改善、34%で消失したとあります。阿南らの研究では自然寛解は2~3歳頃から認められ、50%が自然寛解に到達するのが8~9歳、16歳を過ぎると全体の約90%が自然寛解すると報告しています。ただし、食物アレルギーの関係したAD患者さんは寛解が遅れる傾向にあること、また一度改善した小児AD患者さんが思春期に再燃する場合も稀ではありませんので、乳幼児期から寛解を目指して治療しましょう。
(2015年8月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_nature32
口・歯 診療のこと 

ザイゴマインプラントについて(2)

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column170611
口・歯 診療のこと 

歯科医が保険外補綴物をすすめる理由

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal04
ペット 季節の注意 診療のこと 

梅雨の時期の皮膚トラブル

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal12
ペット 診療のこと 

猫の生活環境の意識 (1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature60
シニア 診療のこと 

在宅における睡眠環境について

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child14
子ども 季節の注意 

小児の紫外線対策

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman25
心・精神 診療のこと 

職場環境とメンタルヘルスについて

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_woman01
季節の注意 診療のこと 

梅雨に乱れやすい自律神経

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature68
胸部・腹部 診療のこと 

心臓に菌が付いてしまう病気

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior02
目 診療のこと 

白内障手術のタイミング (1)

わだ眼科クリニック
和田 悦洋 院長
column_woman48
下腹部 診療のこと 

膀胱(ぼうこう)炎は癖になる?

もちづき泌尿器科クリニック
望月 康平 院長
column_senior12
診療のこと 頭部・首・肩 

レビー小体型認知症について

しんゆり脳神経外科クリニック
竹本 安範 院長