川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_animal11

胃炎

ペット 診療のこと 

 胃炎は原因を特定できない場合が多く、臨床診断名として広く使用されています。嘔吐を主訴とした場合は、感染症や異物、中毒などによるものが一般的です。ヘリコバクター性胃炎や炎症性腸疾患(IBD)の一部の胃炎なども含まれ、これらは慢性的な嘔吐が見られます。嘔吐は生体の防御反応の一つで異物や毒物の摂取による嘔吐があり、無理に止めるべきものではありません。胃の粘膜表面は粘膜バリヤーで保護されていますが、炎症部位では胃酸の刺激により更に炎症が悪化することがあり、この悪循環を断ち切ることが大事になります。胃炎で嘔吐がある場合には食事の制限と、消化が良い低脂肪食がすすめられます。また脱水が起こることが多く、水を飲んでも吐いてしまう場合には、注射による水分補給や薬剤の投与が必要になります。胃酸による嘔吐の再発は多く、胃粘膜保護剤や制酸剤などの投与が必要となります。
(2016年7月執筆)

執筆者プロフィール

  • そえだ動物病院

  • 添田岳史 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_body01
アレルギー 薬 

舌下免疫療法

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body32
時事 胸部・腹部 血液・血管 

内臓脂肪型肥満とは

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature06
胸部・腹部 

睡眠時無呼吸症候群と心臓

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

健康診断で「心拡大」と言われた

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth15
口・歯 

「何かあったら」ではなく、今のうちにトラブル予防

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth03
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes03
時事 目 

眼科におけるサプリメント

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal30
ペット 

祈りの姿勢

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal11
ペット 胸部・腹部 

慢性腎臓病(2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_body34
皮膚 

口唇・口角部の皮膚炎

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman45
女性 心・精神 

PMDD(月経前不快気分障害)のこと

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_mouth13
口・歯 

歯科におけるOリングテスト

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長