川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_animal11

胃炎

ペット 診療のこと 

 胃炎は原因を特定できない場合が多く、臨床診断名として広く使用されています。嘔吐を主訴とした場合は、感染症や異物、中毒などによるものが一般的です。ヘリコバクター性胃炎や炎症性腸疾患(IBD)の一部の胃炎なども含まれ、これらは慢性的な嘔吐が見られます。嘔吐は生体の防御反応の一つで異物や毒物の摂取による嘔吐があり、無理に止めるべきものではありません。胃の粘膜表面は粘膜バリヤーで保護されていますが、炎症部位では胃酸の刺激により更に炎症が悪化することがあり、この悪循環を断ち切ることが大事になります。胃炎で嘔吐がある場合には食事の制限と、消化が良い低脂肪食がすすめられます。また脱水が起こることが多く、水を飲んでも吐いてしまう場合には、注射による水分補給や薬剤の投与が必要になります。胃酸による嘔吐の再発は多く、胃粘膜保護剤や制酸剤などの投与が必要となります。
(2016年7月執筆)

執筆者プロフィール

  • そえだ動物病院

  • 添田岳史 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_woman09
口・歯 診療のこと 頭部・首・肩 

口内の体に合わない物質が引き起こす肩凝り

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior14
シニア 時事 

在宅療養患者の新型コロナワクチン接種

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_senior19
成人 時事 血液・血管 

高血糖にご注意を

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_woman37
時事 

打つべきか、打たざるべきか

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_nature07
シニア 

高齢者の頻尿について

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal37
ペット 診療のこと 

震え(2) 痛みが原因となっている場合

中田動物病院
古守 悟 院長
シニア ペット 

甲状腺機能低下症

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior11
シニア 時事 

COVID-19と接触感染予防策

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child25
アレルギー 時事 

食物アレルギーの原因食物

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature71
アレルギー 季節の注意 時事 

新型コロナウイルスと花粉症

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior16
シニア 時事 

高齢者のフレイル

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

胸がドキンとします

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長