川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_baby05

アトピー性皮膚炎の予防は可能か

アレルギー 予防 子ども 

 アトピー性皮膚炎(AD)の予防は可能か?という命題に対して、母乳栄養・授乳中の母親及び児の食物制限・離乳食開始を遅らせる・環境整備・乳酸菌製剤の服用など、さまざまな方法が検討されてきましたが、はっきりとした効果が証明されたとは言い難い状況です。ところが2014年に国立成育医療研究センターから画期的な研究結果が報告されました。ADの発症リスクが高い乳児に対して、新生児期から保湿剤を塗布したグループは、生後8か月の時点でADの発症頻度が低くなりました。さらにADが発症したグループでは、発症しなかったグループに比べて卵に対する血中抗体ができやすいという結果でした。ADが発症するリスクが高い(家族にAD患者がいる)乳児に対しては新生児期から保湿剤を使いましょう。それによって皮膚のバリアが保たれ、ADおよび食物アレルギーの発症が抑えられる可能性あるのです。
(2015年2月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_woman30
口・歯 

負担の少ない矯正治療法

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_woman24
口・歯 診療のこと 

歯を抜いてはいけない。神経を取ってもいけない(1)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal08
ペット 口・歯 

のどの腫れ~咽頭炎~

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal29
シニア ペット 

前立腺疾患

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature69
成人 時事 診療のこと 

「医療」と「農業」をつなぐプロジェクト

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_baby18
子ども 時事 熱・咳・寒気 耳・鼻・喉 

RSウイルス感染症流行中

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_shoku01
季節の注意 感染症 成人 時事 

コロナ禍での夏の過ごし方 〜暴飲暴食に注意〜

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman60
予防 季節の注意 胸部・腹部 血液・血管 

夏の暑さと不整脈

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_nature09
予防 季節の注意 

熱中症か、コロナか?

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth08
口・歯 診療のこと 

抜歯宣言歯の救済

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior20
目 薬 

緑内障だと使えない薬があるの?

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal09
ペット 口・歯 

耳の腫れ ~外耳炎~

中田動物病院
古守 悟 院長
  • 2021.07.31 (土)
  • 前立腺疾患
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長