川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_nature68

高尿酸血症・痛風

下腹部 予防 胸部・腹部 

 血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態を高尿酸血症と呼び、最初は自覚症状がなく放置する人が少なくありませんが、高尿酸血症はさまざまな合併症の危険信号です。高尿酸血症が続くと尿酸が結晶化し関節に沈着し、突然激痛を伴なう痛風発作が起こります。また腎臓に沈着すると腎臓の働きが低下し、放っておくと腎不全となり透析が必要となることも。生活習慣病とも密接に関係し動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクも高めます。尿酸値が7を超えたらまず生活習慣を見直しましょう。ただし尿酸値が9以上もしくは狭心症や糖尿病があり8以上の人はすぐに治療が必要です。肥満を解消するだけでも効果はありますが、ストレス・過度な飲酒・脱水・激しい運動で尿酸値は予想外に1から2上昇します。アルコール自体が尿酸値を上昇させるため、ビールだけでなくアルコール全般の摂取を減らしましょう。
(2016年6月執筆)

執筆者プロフィール

  • 百合が丘すみれクリニック

  • 松浦 健太郎 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 診療のこと 

口腔内の健康から考えるQOL

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth15
口・歯 診療のこと 

根の治療後の痛みがとれないのはなぜ?

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes19
目 

老眼が出た時の眼鏡の作り方

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_body31
予防 口・歯 

噛みしめで咬み合せが狂う? (2)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_body18
予防 季節の注意 感染症 

O-157はなぜ怖い?

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior01
予防 季節の注意 

インフルエンザ予防接種

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_animal15
ペット 目 

「シニア動物」と暮らす(5) 白内障

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal13
ペット 胸部・腹部 

血液検査で見る腎臓病

そえだ動物病院
添田 弘 院長
column_woman02
アレルギー 耳・鼻・喉 

通年性鼻炎とアレルゲン免疫療法 (1)

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman15
アレルギー 

食物アレルギーは治りますか? (1)

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature08
心・精神 

発達障害の診断について

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body37
皮膚 頭部・首・肩 

フケ性

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
  • 2017.09.26 (火)
  • フケ性
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長