川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_body01

風邪なので抗生剤をください?

予防 感染症 熱・咳・寒気 薬 

 感染症を起こす病原体の代表がウイルスと細菌です。これらは混同しがちですが全く異なるもので、起こす病気も治療薬も違います。意外かもしれませんが抗生剤は細菌にしか効きかず、ウイルスによる病気には全く効果がありません。そのウイルスよる病気の代表が「風邪」です。「私の風邪は抗生剤しか効かない」などよく聞きますが、経験からくる思い込みでしょう。また風邪の時の黄色い鼻汁や高熱も細菌による症状ではないことがほとんどです。抗生剤に害がないのなら良いのですが、不用意な抗生剤は体内で薬の効かない耐性菌を増やしたり、良い働きをする細菌まで死滅させたりします。さらに予防的な服用や念のための服用も意味がありません。とは言っても、肺炎など抗生剤が必要な病状も多々あります。その際でも何十種類もある抗生剤の中から適切なものを選択するには、正しい診断と十分な知識が必要です。
(2015年12月執筆)

執筆者プロフィール

  • 新百合ヶ丘龍クリニック

  • 龍 祥之助 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_nature32
口・歯 診療のこと 

ザイゴマインプラントについて(2)

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column170611
口・歯 診療のこと 

歯科医が保険外補綴物をすすめる理由

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_animal04
ペット 季節の注意 診療のこと 

梅雨の時期の皮膚トラブル

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal12
ペット 診療のこと 

猫の生活環境の意識 (1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature60
シニア 診療のこと 

在宅における睡眠環境について

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child14
子ども 季節の注意 

小児の紫外線対策

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman25
心・精神 診療のこと 

職場環境とメンタルヘルスについて

にもり内科クリニック
二森 浩行 院長
column_woman01
季節の注意 診療のこと 

梅雨に乱れやすい自律神経

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature68
胸部・腹部 診療のこと 

心臓に菌が付いてしまう病気

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior02
目 診療のこと 

白内障手術のタイミング (1)

わだ眼科クリニック
和田 悦洋 院長
column_woman48
下腹部 診療のこと 

膀胱(ぼうこう)炎は癖になる?

もちづき泌尿器科クリニック
望月 康平 院長
column_senior12
診療のこと 頭部・首・肩 

レビー小体型認知症について

しんゆり脳神経外科クリニック
竹本 安範 院長