川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_animal17

症状から見る疾患「跛行(はこう)」

ペット 手足 

 散歩から帰ってきたワンちゃんが足を上げていたので病院に連れて行ったところ、着いたときには治ってしまっていた、というお話をよく聞きます。四足歩行のワンちゃんやネコちゃんは、四肢に少しでも違和感があると、その足をかばって歩きがちです。足を均等に負重できず、足を引きずる状態を跛行と言います。

 跛行には多くの原因が考えられます。まずはどの足をかばっているのかよく観察しましょう。肉球に何か刺さっていたり、足の先端に異物がこびり付いていたりする場合は、その足をよく舐めるので唾液で濡れていることがあります。また、出血がないか、腫れていないか、痛みはないかなどを観察します。

 骨折や大きな関節の脱臼があるときは、足を地面に全くつけることができません。筋骨格の異常以外でも、代謝性の病気や、犬では内分泌の病気、猫では循環器の病気が隠れている場合もあるので、跛行を繰り返す場合は、病院での診察をおすすめします。 

(2019年12月執筆)

執筆者プロフィール

  • 中田動物病院

  • 古守 悟 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior21
口・歯 

歯科におけるアンチエイジング

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior08
シニア 感染症 

「フレイル」をご存じですか? (3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior03
口・歯 

義歯で変わる生活の質

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal39
ペット 感染症 

犬のレプトスピラ感染症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal35
ペット 

子どもの社会化

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior05
シニア 

訪問看護ステーション (2)「家族支援」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child21
子ども 感染症 

新型コロナと小児喘息

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman26
アレルギー 季節の注意 

夏の喘息対策

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior20
シニア 胸部・腹部 

高齢者肺炎ワクチン接種のすすめ

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_genki30
胸部・腹部 

心不全が増えています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.07.29 (水)
  • 夏の喘息対策
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長