川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child44

外でよく遊ぶと近視が進まないって本当?

子ども 目 

 以前、子どもの近視の進行を抑える画期的な方法はないと、コラムに書いたことがあります。最近は新しい知見として、日光に含まれる紫色の光に、近視の進行を抑える力があるということが言われ始めました。紫色の光は、可視光線の中で一番紫外線に近い波長の光です。よって屋外で日光を浴びて活動することが大切ということになります。そうすると長時間日光を浴びれば浴びるほど、より近視の進行が抑えられると考えられますが、紫外線も一緒に多く浴びてしまうことになり、紫外線自体の有害性も考えなければなりません。

 また、窓ガラスは紫外線をカットし、そのときに紫色の光もカットされてしまいますので、窓越しで日光を浴びても効果は少ないということになります。1日1~2時間程度の屋外活動により、近視の進行がゆるやかになる可能性があると言われています。ぜひ意識してみてください。

(2019年11月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 

不要不急ごとではない、歯科健診

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal13
ペット 

猫のフィラリア症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal05
ペット 皮膚 

アトピー性皮膚炎

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior30
皮膚 

紫色のあざ

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman16
心・精神 

コロナ禍の中で:「密」の両面性

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body31
口・歯 

無呼吸や鼻炎は歯科で改善する

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior28
シニア 

訪問看護ステーション (1)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child42
子ども 耳・鼻・喉 

難聴の早期発見のために

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_genki29
胸部・腹部 

「脂肪肝」意外と危険です

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_shoku01
胸部・腹部 

加熱で予防できる肝炎もあります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth12
感染症 時事 

新型ウイルスへの当院での対応(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
予防 口・歯 感染症 

新型コロナウイルス感染予防のための当院の診療体制と取り

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
  • 2020.06.30 (火)
  • 紫色のあざ
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長