川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter

かみ合わせ治療とオーラルケア改善(3)

口・歯 診療のこと 

 歯を削る(形成する)ときに難しいのは、歯と歯の隣接面の歯肉縁に沿ったラインです。削る前にフロスケアができていて、健康な隣接面歯肉でポケット内粘膜も健康であれば、出血浸出液はありません。丁寧な形成で歯の根元の脱灰ラインを修復がカバーし、咬合圧で浮き上がったり曲がったり、残したエナメル質にヒビが入る形成型でなければ、仮歯で6か月以上問題ありません。

 しかし脱灰ラインを残し、歯肉縁上に形成ラインがあったり、フロスケアができておらず、隣接面歯肉が歯周炎の場合、形成後の歯型取りが出血浸出液によって妨害され、ミクロン単位で細かくできません。そのため、できた修復物は自費であろうと大雑把な縁形状になり、セット後すぐにばい菌の温床になります。数年後には脱灰むし歯や、隣接面の歯槽骨吸収の進行と隣接根面露出による根面むし歯だけでなく、菌繁殖で心臓病や脳内出血の原因となり得ます。

(2019年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • ホワイトファミリー歯科

  • 堤 富紀子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_senior14
シニア 

「フレイル」をご存じですか? (2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_mouth02
口・歯 

不要不急ごとではない、歯科健診

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal13
ペット 

猫のフィラリア症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal05
ペット 皮膚 

アトピー性皮膚炎

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior30
皮膚 

紫色のあざ

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman16
心・精神 

コロナ禍の中で:「密」の両面性

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body31
口・歯 

無呼吸や鼻炎は歯科で改善する

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior28
シニア 

訪問看護ステーション (1)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child42
子ども 耳・鼻・喉 

難聴の早期発見のために

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_genki29
胸部・腹部 

「脂肪肝」意外と危険です

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
  • 2020.06.30 (火)
  • 紫色のあざ
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長