川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child22

乳幼児の視力発達

子ども 目 

 新生児は生まれた時はほとんどが遠視で、あまり見えていません。成長とともに遠視が減り、視力も発達してきます。そして3歳から4歳ごろまでに矯正視力で1.2まで発達しますが、その途中で焦点の合った映像が目に映らないと、視力の発達が妨げられることがあります。例えば、遠視や乱視が強くていつも映像がぼやけている場合、斜視がありいつも同じ目がずれやすい場合も、その目からの情報を脳で打ち消すため発達が妨げられます。視界が隠されてしまう状況(眼帯、重度の眼瞼下垂、先天白内障など)も同様です。

 もし遠視や乱視などが原因であれば眼鏡を常用して視力発達を促す必要がありますし、白内障や眼瞼下垂が原因であれば手術の必要があります。お子さんの行動を見ているだけでは視力が発達しているかは判断不可能です。3歳前後で一度視力検査をして、視力の発達状況を確認することが大事です。

(2019年5月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_woman36
口・歯 時事 診療のこと 

マスク着用の今こそ、歯科治療のチャンス

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_woman26
口・歯 時事 

歯の神経は取ってはいけません(1)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior28
シニア 

高齢者の頻尿について(3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal04
ペット 口・歯 

歯周病

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal19
ペット 目 

目が白い

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature56
予防 感染症 時事 

ワクチン接種、公平性・効率性はどちらが優先?

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_baby14
アレルギー 予防 子ども 

食物アレルギーの発症予防

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature69
予防 感染症 成人 皮膚 

帯状疱疹の予防と神経痛について

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman59
成人 胸部・腹部 診療のこと 

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_woman11
シニア 子ども 感染症 成人 胸部・腹部 

ノロウイルスも忘れずに

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
予防 口・歯 診療のこと 

コロナ禍において、歯科医として伝えたいこと

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth10
口・歯 時事 

コロナ禍に学ぶ歯ブラシの仕方(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
  • 2021.05.31 (月)
  • 歯周病
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長
  • 2021.05.30 (日)
  • 目が白い
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長