川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_eyes19

老眼が出た時の眼鏡の作り方

目 

 40歳代に入ると老眼により、新聞やパソコンなど近いところが見えづらくなることがあります。老眼とは自由に距離を変えて焦点を合わせる力が衰えてくることであり、眼精疲労の原因にもなります。

 老眼に対応する眼鏡はどの距離を多く見たいかによって種類が変わり、たとえば1つの眼鏡で遠くも近くも見たい、自動車の運転をするなどの場合は遠近両用眼鏡。パソコンなどの作業も多く、主に室内程度の遠方が見えれば十分な場合は中近両用。デスクワーク中心に使うのみであれば近々や近用(いわゆる老眼鏡)を選択します。左右の眼の度がかなり違う場合、遠近や中近両用に慣れられない場合は、モノビジョンと言って片眼は遠く、反対眼は近くが見えるようにする方法もあります。

 遠近両用や中近両用は一般的に50歳頃までに始めると慣れやすいですので、近くが見えにくいと感じたら無理せず眼鏡を変えましょう。

(2017年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • こにし・もりざね眼科

  • 小西 美奈子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth05
口・歯 診療のこと 

超超精密な耐久性 歯周病予防を可能に(1)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_senior08
血液・血管 診療のこと 

レムナントコレステロール

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 診療のこと 

ちょっと変わった狭心症

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_animal18
ペット 予防 診療のこと 

異物摂取~身近な病気~

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal01
シニア ペット 口・歯 

歯周病について

そえだ動物病院
添田 弘 院長
column_woman60
季節の注意 皮膚 

春の皮膚炎

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_nature03
心・精神 時事 診療のこと 

精神科・心療内科における「病気」の診断

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_child05
アレルギー 診療のこと 

FEIAnとは何ですか?

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman02
アレルギー 予防 季節の注意 

花粉症

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_mouth06
予防 口・歯 

37年間続けてきた予防歯科という処方(6)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_senior03
シニア 口・歯 診療のこと 

歯科医師として

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth05
口・歯 診療のこと 

歯が抜けていると抜くでは意味が違う

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
  • 2018.01.30 (火)
  • 春の皮膚炎
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長
  • 2018.01.25 (木)
  • 花粉症
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長