川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_mouth10

歯科治療における私たちの考え

予防 口・歯 診療のこと 

 歯科治療を考える際、歯科医院の治療方針は大切な事柄の一つです。改めて私たちの歯科治療における考え方をお話しします。

 ●予防歯科について…予防歯科は私たちが最も力を入れている事柄の一つです。歯周病予防にも通じますが、大切なのはご自身のセルフケアです。毎日行うブラッシングができていなければ意味がありません。私たちと一緒にブラッシングを学んでいきましょう。もちろん、効率的にブラッシングの効果を高めるためのクリーニングや歯を強くするフッ素塗布、抗菌剤を使い虫歯や歯周病を防ぐ3DSという方法も準備しております。気軽にご相談いただきたいと思います。

 ●インプラントに対する考え方…どの場合でも、インプラントが一番良いというケースは基本的にありません。インプラント治療は歯が喪失している、もしくは歯が弱くなり耐えられないといった場合にのみ選択肢として挙がるものです。歯を失ってしまった場合、その部位を代わりのもので補う必要があります。それは見た目や食事のため、そして放置することで咬み合わせの狂いを防ぐためなどさまざまです。一般的に歯が無くなってしまった際、インプラント、ブリッジ、入れ歯の選択肢が挙がりますが、補綴学会の共通認識ではインプラント治療を選択した場合、その後の更なる歯の喪失が少なくなるという見解を出しています。インプラントは歯科医師の技量により治療ができる部位や仕上りに差があります。インプラントについても技術(歯科医師の施術的な限界ではなく)についてしっかり説明してもらえる歯科医師にかかることが重要です。

 最後に、インプラントは高額な治療方法ですが、「一生持つもの」でしょうか。女性の平均寿命が89歳となっている現在、仮に50歳の方が治療をした場合、40年近く機能しなければならないのです。全くトラブルなく機能する可能性の人が少ないのではないでしょうか。大切なのは、今回行った治療のその次まで見据えていくことです。当然、スムーズに機能し続けて欲しいのですが、「一生モノ」ではありません。今以上に悪くしない、できるだけ長持ちさせることを心がけ、毎日のお口のケアと定期検診を一緒にしていきましょう。

(2017年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • 新百合山手ファースト歯科

  • 永田 達也 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth12
予防 口・歯 

噛みしめで咬み合せが狂う?(3)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_mouth06
口・歯 診療のこと 

歯周病ケアで噛める歯を守る

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth04
口・歯 診療のこと 

歯は一度しか抜け替わらない

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_woman19
予防 口・歯 

37年間続けてきた予防歯科という処方(4)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_senior17
胸部・腹部 診療のこと 

大動脈弁狭窄症に新しい治療法

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_woman26
予防 血液・血管 

塩分制限と心血管

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_animal08
ペット 診療のこと 

「シニア動物」と暮らす(6) 高齢猫の体重減少

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal19
ペット 胸部・腹部 血液・血管 

血液検査で見る副腎

そえだ動物病院
添田 弘 院長
column_body34
口・歯 診療のこと 

歯の詰め物が体に起こす影響

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_mouth02
口・歯 診療のこと 

口腔内の健康から考えるQOL

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth15
口・歯 診療のこと 

根の治療後の痛みがとれないのはなぜ?

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes19
目 

老眼が出た時の眼鏡の作り方

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長