川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_body06

動物咬傷

ペット 感染症 手足 皮膚 

 近年動物をペットとして飼うことが多くなっており、それに伴い動物に咬まれる機会も増えています。多くは犬や猫による咬傷で手を咬まれることが多いです。
 動物の口腔内は雑菌が多く、また傷が小さくても牙によって傷が深くまで達していることがあります。するとその細菌が皮膚の奥で増殖し、感染症を引き起こします。
 治療は傷を洗浄し、予防的に抗生剤を内服します。また破傷風の予防注射をすることも大切です。縫合が必要なほどの大きな傷も、動物咬傷の際は縫合しないことがあります。縫合によって細菌の出口がなくなり、皮膚の奥で増殖し感染症を発症させてしまうためです。また先に示した処置をしても、感染が増悪し腕全体が腫れて熱が出ることもあります。
 咬まれた際は、まず傷を良く水道水で洗うようにしましょう。それでも感染を起こす可能性があるため、早目に医療機関を受診しましょう。
(2016年6月執筆)

執筆者プロフィール

  • 葛西皮膚科医院

  • 葛西 庸子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 診療のこと 

虫歯と歯周病のこと

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_woman13
目 診療のこと 

結膜炎

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_mouth03
口・歯 診療のこと 

インプラントは身体にいいの? 欠点は?

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_mouth13
予防 口・歯 

37年間続けてきた予防歯科という処方(2)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_body04
胸部・腹部 診療のこと 

心臓が大きいと言われました

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_nature45
胸部・腹部 診療のこと 

吃逆(しゃっくり)

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_animal47
シニア ペット 

「シニア動物」と暮らす(3)認知症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal17
ペット 血液・血管 診療のこと 

血液検査で見る膵臓

そえだ動物病院
添田 弘 院長
column_senior19
予防 季節の注意 診療のこと 

夏に悪化する検査値

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_child37
アレルギー 診療のこと 

アナフィラキシーへの対応

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature68
心・精神 成人 薬 

心療内科の薬と飲酒

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body29
予防 季節の注意 手足 

足と足ツメのケア

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
  • 2017.08.04 (金)
  • 結膜炎
  • こにし・もりざね眼科
  • 小西 美奈子 院長