川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child42

幼児・学童期の皮膚の特徴と注意点

アレルギー 子ども 皮膚 

 前回はアトピー性皮膚炎が最も発症しやすい乳児期の皮膚の特徴と注意点に触れました。それでは2歳以降の幼児から学童になるとどう変化するのでしょうか?この年齢の児は皮脂分泌能の低下により、皮膚は次第に乾燥傾向になります。幼児期になると行動範囲が広がり砂遊び・泥んこ遊び・プールなど、皮膚はさまざまな刺激にさらされるようになります。上手に食べられないため口の周りに食べ物が付いてしまいます。更に困ったことに幼児は皮膚をかきむしる行為を我慢できずに皮疹を悪化させます。学童期には皮疹は軽快していく場合が多くなりますが、他方、皮膚症状が持続し悪化する場合もあります。運動・汗・プールなどは悪化原因となります。このように年齢が長ずるにつれて環境の問題が多くなります。これから汗のシーズンに入りますので、シャワーで皮膚の清潔を保ち、保湿に努め皮疹の悪化を防ぎましょう。
(2015年6月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 診療のこと 

口腔内の健康から考えるQOL(クオリティ・オブ・ライフ

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth15
口・歯 診療のこと 

根の治療後の痛みがとれないのはなぜ?

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes19
目 

老眼が出た時の眼鏡の作り方

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_body31
予防 口・歯 

噛みしめで咬み合せが狂う? (2)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_body18
予防 季節の注意 感染症 

O-157はなぜ怖い?

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior01
予防 季節の注意 

インフルエンザ予防接種

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_animal15
ペット 目 

「シニア動物」と暮らす(5) 白内障

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal13
ペット 胸部・腹部 

血液検査で見る腎臓病

そえだ動物病院
添田 弘 院長
column_woman02
アレルギー 耳・鼻・喉 

通年性鼻炎とアレルゲン免疫療法 (1)

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman15
アレルギー 

食物アレルギーは治りますか? (1)

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_nature08
心・精神 

発達障害の診断について

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body37
皮膚 頭部・首・肩 

フケ性

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
  • 2017.09.26 (火)
  • フケ性
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長