川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_animal01

食道内異物

ペット 

 元気な犬や猫は食べ物をよくかまずに飲み込むことがあります。ある程度の大きさのままフードを飲み込むと、その反動で食道内のフードを吐き出しますが、すぐに吐いたフードを食べてしまいます。また、異物を飲み込むと、吐き出せずに食道内に詰まることがあります。犬用のガム、魚や鶏の骨、果物や野菜のかけら、梅や桃の種、縫針や釣り針、プラスチックなどの誤飲には注意が必要です。

 食道には内容物を胃に運ぶ蠕動(ぜんどう)という働きがありますが、食道内異物は蠕動運動があっても食道を通過しにくいので、動物は嘔吐したり、元気や食欲がなくなったり、よだれを垂らし呼吸が荒くなったりします。何かを飲み込んだ後にこのような症状が見られたら、緊急の検査や処置が必要です。発生から時間が経っていると食道の炎症や穿孔、狭窄、壊死を起こしたり、よだれを飲み込めないために気道によだれが入る誤嚥性肺炎を起こしたりすることがあります。

(2020年3月執筆)

執筆者プロフィール

  • 中田動物病院

  • 古守 悟 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_woman07
胸部・腹部 

胃がんは細菌が原因です

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth12
口・歯 

成人期・壮年期の虫歯と歯周病

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth05
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior22
シニア 心・精神 

高齢者の睡眠について

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal31
ペット 季節の注意 

異物摂取

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal09
ペット 胸部・腹部 

慢性腎臓病(1)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_nature17
シニア 心・精神 

訪問看護ステーション(4) 「精神訪問看護」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child02
季節の注意 皮膚 

夏こそ保湿剤が必要です

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman53
成人 胸部・腹部 血液・血管 

血圧と慢性腎臓病

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_woman01
成人 血液・血管 

疲れと不整脈

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body09
熱・咳・寒気 背中・腰 

腰が痛くて、熱もある?

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_senior02
口・歯 

口元から始まる体の健康

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
  • 2020.10.01 (木)
  • 異物摂取
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長