川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_child25

プロバイオティクスとFA

アレルギー 子ども 

 適当量与えたときに健康効果を発揮する生きた微生物と定義されるプロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌など)の大切な働きとして、腸内細菌叢バランスの改善があります。なぜ腸内細菌叢のバランスが大切かというと、腸管は最も多くの免疫細胞が存在する生体最大の免疫臓器であり、腸管に共生する腸内細菌叢が免疫に深く関わっているからです。

 動物実験で亜麻仁油を使った餌を食べさせると消化管アレルギーが予防・軽減され、これには腸内細菌の働きが不可欠であることが証明されました。人ではどうでしょうか。プロバイオティクスを妊娠後期や授乳中の母、乳児に摂取させると湿疹のリスクは軽減しますが、食物アレルギー(FA)を予防するかどうかの結論が得られていません。残念ながらプロバイオティクスのFA予防効果を証明する十分な科学的根拠はありません、というのが結論のようです。

(2019年7月執筆)

執筆者プロフィール

  • おばた小児クリニック

  • 小幡 俊彦 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth10
口・歯 時事 

コロナ禍に学ぶ歯ブラシの仕方(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes25
時事 目 

スマートフォンを使うとき

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal40
ペット 目 

犬・猫の緑内障

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal44
ペット 手足 背中・腰 診療のこと 頭部・首・肩 

保定(2)

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_body01
心・精神 薬 

SSRIについて

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_woman01
口・歯 診療のこと 

脳歯科

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior08
感染症 時事 胸部・腹部 

コロナに負けないために〈腸内細菌・免疫力〉

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_senior10
シニア 成人 胸部・腹部 血液・血管 

心房細動発症の危険因子

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_woman45
成人 胸部・腹部 血液・血管 

肺だけの高血圧もあります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth05
口・歯 診療のこと 

お口の健康と資産寿命

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth11
口・歯 時事 

コロナ禍に学ぶ歯ブラシの仕方

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior23
シニア 

高齢者の頻尿について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
  • 2021.05.01 (土)
  • 保定(2)
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長
  • 2021.04.30 (金)
  • SSRIについて
  • 新百合ヶ丘こころのクリニック
  • 浅田 義孝 院長
  • 2021.04.29 (木)
  • 脳歯科
  • 脇谷歯科医院
  • 脇谷 清隆 院長