川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_senior08

誤嚥

シニア 口・歯 

 誤嚥(ごえん)とは食道に送られる食物や逆流した胃の内容物が気管に入ることです。誤嚥性肺炎を起こしやすく、高齢者の介護や脳疾患の看護で飲食物を正しく嚥下することは極めて重要です。嚥下運動は咀嚼した食物を奥へ送り、軟口蓋が後方に動いて鼻に入らないように鼻咽腔を閉じ、喉頭蓋が気道を閉鎖して食道入口部が開き、食道に食物を送ります。この一連の動作には口腔・舌・咽頭・喉頭のみならず顔・頚・肩など広範囲の筋肉が使われます。

 個人差はありますが、誰しも年齢とともに飲み込む力が低下してくるので誤嚥を起こしやすくなります。食事を摂ると「むせ」や咳が出る・声がかすれる・いつもお茶や水で食物を流し込むなど、そんな人は誤嚥かもしれません。よくかみ、ゆっくり食べ、飲み込んでから次を口に入れる習慣をつけましょう。そして舌や口の運動、発声で舌・咽頭・喉頭の強化を図らなければいけません。

(2019年7月執筆)

執筆者プロフィール

  • ごみぶちクリニック

  • 五味渕 誠 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior21
口・歯 

歯科におけるアンチエイジング

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior08
シニア 感染症 

「フレイル」をご存じですか? (3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior03
口・歯 

義歯で変わる生活の質

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal39
ペット 感染症 

犬のレプトスピラ感染症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal35
ペット 

子どもの社会化

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior05
シニア 

訪問看護ステーション (2)「家族支援」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child21
子ども 感染症 

新型コロナと小児喘息

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman26
アレルギー 季節の注意 

夏の喘息対策

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior20
シニア 胸部・腹部 

高齢者肺炎ワクチン接種のすすめ

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_genki30
胸部・腹部 

心不全が増えています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.07.29 (水)
  • 夏の喘息対策
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長