川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_mouth02

噛みしめで咬み合せが狂う? (4)

口・歯 診療のこと 

 下奥歯が内側に傾いたまま成人になり40歳を超えた場合、内傾斜は進行し、咬み合わせの高さは奥歯で低くなります。小臼歯と犬歯は直立していて咬合圧を受け持つので、負担過重で直下に内側骨隆起も増大して、口腔内の舌スペースの高さ幅もが小さくなり、睡眠時無呼吸が発症します。身体肥満でなく痩せた体型でも顎と舌のサイズアンバランスで発症します。

 口を開けて下歯列が舌の下に隠れ、喉の奥の粘膜壁が見えない場合は危険です。起床中は呼吸のために舌の筋肉を強く収縮させていますが、歯列痕で舌ガンの発症も。顎を前に出して気道を確保するため頭が前傾し、頸椎に負担がかかり猫背に。体の変形から頸椎ヘルニア、歯は咬耗(こうもう)していきます。

 睡眠時低酸素血症の長期の影響は、血管内皮細胞に影響し、動脈硬化・心筋梗塞・糖尿・高コレステロールなど代謝障害を発症させます。40歳からの歯列矯正・咬合管理は重要です。

(2017年12月執筆)

執筆者プロフィール

  • ホワイトファミリー歯科

  • 堤 富紀子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior12
シニア 

高齢者の睡眠について(2)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_animal29
ペット 季節の注意 

抜け毛

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal28
ペット 下腹部 胸部・腹部 

便秘

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior09
シニア 

地域における民生委員の役割とは?

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_body01
アレルギー 薬 

舌下免疫療法

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_body32
時事 胸部・腹部 血液・血管 

内臓脂肪型肥満とは

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_nature06
胸部・腹部 

睡眠時無呼吸症候群と心臓

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_body04
胸部・腹部 

健康診断で「心拡大」と言われた

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth15
口・歯 

「何かあったら」ではなく、今のうちにトラブル予防

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_mouth03
口・歯 

歯を抜いたり抜髄をしたりしてはいけない(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_eyes03
時事 目 

眼科におけるサプリメント

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_animal30
ペット 

祈りの姿勢

中田動物病院
古守 悟 院長
  • 2020.12.02 (水)
  • 抜け毛
  • 中田動物病院
  • 古守 悟 院長
  • 2020.12.01 (火)
  • 便秘
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長