川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_woman26

塩分制限と心血管

予防 血液・血管 

 厚労省の指針によると生活習慣病や高血圧予防の観点から、塩分の1日摂取量の目標値は18歳以上の男性は8g、女性は7gです。日本人の平均摂取量は各々11.1g、9.4gと発表されていますが、塩辛い食物の好きな諸兄ではかなり多いと推測されます。血中の塩分濃度が高くなると浸透圧の差で血管周囲から血管内に水が流れ込み、腎臓も尿を少なくして体内に水分を保持する結果、血中の塩分濃度は適切になります。

 しかし、水分が血管内に入った分、血液量が適量を超えて心臓や血管が張った状態になってしまいます。この緊満状態が慢性的に続くと血圧が上昇し、心臓に負担をかけることになります。特に心不全や心臓手術後などではごく軽い緊満状態でも心機能が大きく低下するので、厳しい塩分制限が必要です。

 日本人の塩分摂取量は欧米に比べて多いことが知られています。日頃から塩分摂取量には注意してください。

(2017年10月執筆)

執筆者プロフィール

  • ごみぶちクリニック

  • 五味渕 誠 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_animal05
ペット 季節の注意 

季節の病気「犬の熱中症」

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal48
ペット 季節の注意 

熱中症

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_body35
口・歯 診療のこと 

歯科治療の耐久性と医療安全(2)

ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
column_eyes18
目 診療のこと 

ものがゆがんで見える!?

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
column_mouth08
口・歯 診療のこと 

歯を抜いたり削ったりしてはいけない(3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior03
口・歯 診療のこと 

インプラント治療を検討する前に

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_senior05
シニア 診療のこと 

おうちで最期まで過ごすには?(3)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_senior12
シニア 季節の注意 

高齢者の脱水症について

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_woman28
皮膚 診療のこと 

酒さ(しゅさ)

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_body01
心・精神 薬 

心療内科の薬の服用期間

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_baby09
アレルギー 皮膚 

ADとFAの関係

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman02
アレルギー 季節の注意 

夏に増えるダニ・カビによるアレルギー症状

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
  • 2018.08.06 (月)
  • 熱中症
  • そえだ動物病院
  • 添田岳史 院長