川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_woman53

お酒と健康

成人 

 多量の飲酒は量が増えるほど死亡率も増えますが、少量の飲酒は死亡率を減らします。少量の飲酒は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、糖尿病やメタボのリスクを減らします。「少量」とはアルコール換算で1日20〜30グラム。これはビールなら350ミリリットル1缶、日本酒なら1合程度で、女性の場合はこの約半量です。もちろん「3日間飲まなかったから今日は3倍」はいけません。

 よく赤ワインが健康にいいと言われますが、酒の種類ではなくアルコールの量によります。飲酒直後は血管が拡張し血圧が下がりますが、時間が経つと逆に上昇します。多量の飲酒を繰り返すと高血圧症になることが解明されており、心筋梗塞や脳卒中の誘因となります。また、不整脈を誘発することがあり、特に心房細動は危険です。高血圧で薬を飲んでいる人は薬の種類によっては効果が増強したり減弱したりすることがあるので注意が必要です。

(2019年11月執筆)

執筆者プロフィール

  • ごみぶちクリニック

  • 五味渕 誠 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_mouth02
口・歯 

不要不急ごとではない、歯科健診

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal13
ペット 

猫のフィラリア症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal05
ペット 皮膚 

アトピー性皮膚炎

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior30
皮膚 

紫色のあざ

葛西皮膚科医院
葛西 庸子 院長
column_woman16
心・精神 

コロナ禍の中で:「密」の両面性

新百合ヶ丘こころのクリニック
浅田 義孝 院長
column_body31
口・歯 

無呼吸や鼻炎は歯科で改善する

脇谷歯科医院
脇谷 清隆 院長
column_senior28
シニア 

訪問看護ステーション (1)

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child42
子ども 耳・鼻・喉 

難聴の早期発見のために

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_genki29
胸部・腹部 

「脂肪肝」意外と危険です

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_shoku01
胸部・腹部 

加熱で予防できる肝炎もあります

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column_mouth12
感染症 時事 

新型ウイルスへの当院での対応(2)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
予防 口・歯 感染症 

新型コロナウイルス感染予防のための当院の診療体制と取り

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
  • 2020.06.30 (火)
  • 紫色のあざ
  • 葛西皮膚科医院
  • 葛西 庸子 院長