川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
column_body34

尋常性白斑

皮膚 診療のこと 

 皮膚の色が白く抜けてしまう皮膚の病気があります。尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)と言います。乳幼児から高齢者まで広く見られます。痒みは通常伴いませんが、全身皮膚のいずれの場所にも出現します。小さい病変から全身に広く出現することもあります。

 原因は、免疫の作用によってメラノサイトという細胞が破壊されると考えられています。メラノサイトは皮膚の中にある細胞で、黄褐色のメラニンを作ります。そのためメラノサイトが破壊され、それが減少もしくは消失するとメラニンが作られなくなり、皮膚が白く抜けてしまいます。

 治療は、範囲が小さい場合は副腎皮質ステロイドなどの塗り薬を使用します。また、全身に広がる場合は副腎皮質ステロイドを全身投与することもあります。その他、紫外線療法も有効です。いずれにしても短期間での改善は期待できず、根気よく治療を続けることが大切です。

(2019年9月執筆)

執筆者プロフィール

  • 葛西皮膚科医院

  • 葛西 庸子 院長

クリニックの詳細を見る
院長コラム一覧

新着ドクターコラム

column_senior21
口・歯 

歯科におけるアンチエイジング

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_senior08
シニア 感染症 

「フレイル」をご存じですか? (3)

おおたクリニック
太田 篤 院長
column_senior03
口・歯 

義歯で変わる生活の質

新百合山手ファースト歯科
永田 達也 院長
column_animal39
ペット 感染症 

犬のレプトスピラ感染症

中田動物病院
古守 悟 院長
column_animal35
ペット 

子どもの社会化

そえだ動物病院
添田岳史 院長
column_senior05
シニア 

訪問看護ステーション (2)「家族支援」

リスホームケアクリニック
立野 慶 理事長
column_child21
子ども 感染症 

新型コロナと小児喘息

おばた小児クリニック
小幡 俊彦 院長
column_woman26
アレルギー 季節の注意 

夏の喘息対策

百合が丘すみれクリニック
松浦 健太郎 院長
column_senior20
シニア 胸部・腹部 

高齢者肺炎ワクチン接種のすすめ

ごみぶちクリニック
五味渕 誠 院長
column_genki30
胸部・腹部 

心不全が増えています

新百合ヶ丘龍クリニック
龍 祥之助 院長
column170611
口・歯 

新型ウイルスへの当院での対応 (3)

うえはら歯科医院
上原 良一 院長
column_child30
子ども 目 

オンライン授業が増えて

こにし・もりざね眼科
小西 美奈子 院長
  • 2020.07.29 (水)
  • 夏の喘息対策
  • 百合が丘すみれクリニック
  • 松浦 健太郎 院長