川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • ホワイトファミリー歯科

ホワイトファミリー歯科

堤 富紀子 院長

堤 富紀子 院長

鹿児島県出身 鹿児島大学歯学部卒
◆日本歯科審美学会 
◆日本補綴歯科学会 
◆日本咬合学会 
◆セラミッククラウン専門クリニック

コラム一覧

院長紹介

 
効果的な除菌ケアと咬み合わせ管理 お口のメタルフリーで免疫力を上げ、ガンを予防
 
「発ガンやウイルス感染は怖いです。まずは自分の免疫力アップを目指しましょう」と堤院長。日本で一般的に使われる保険適応の歯科金属・パラジウム合金は、ヨーロッパでは、その免疫毒性から使用禁止になっている。金属アレルギーや味覚障害だけでなく、疲れ・不定愁訴・めまい・自律神経失調・神経痛・鬱・発ガンなど、免疫力のアンバランスがパラジウム合金を原因として起こる。さまざまな体調不良や生活習慣病の発症の多くは、口の中の金属合金が原因である場合が多いのだそうだ。また保険治療は、2 年の耐久性しか想定されていない「昭和時代の技術」。この古い技術は、他の先進各国ではすでに過去のものとなり、耐久性が100 年と言われる「フルジルコニア修復」が一般的となっている。ホワイトファミリー歯科では、すでに2000 年から先進技術をメインに耐久性のある安全で無害な治療法を確立している。
 

■ 歯科用金属合金は放射能体内被曝の半減期もなく、免疫毒性が続く!?
 日本の保険で認可され、使い続けられている歯科金属・パラジウム合金には、銅や亜鉛、イリジウムという金属も含まれる。欧州各国では1995 年に使用禁止勧告がなされており、アジアでも国が認可しているのは日本だけ。金属毒性があるにも関わらず、放置されつづけている。同院では、自分の体を放射能の体内被曝より怖い金属アレルギーから守るため、自分の体から毒性の強い歯科保険金属を排除することを提唱している。
ホワイトファミリー歯科では、3DS法より効果的な歯周病除菌ケアを確立している。治療法も1本2万円のメタルフリーな初期修復から、100年耐久のフルジルコニアのスーパーティース最終修復まで選ぶことができる。同院では、安全で耐久性があり、金属や自分の歯のようにすり減らず、酸で溶けないドイツ規格のスーパーティースをおすすめしている。

お知らせ

2016.12.19(月)
年末年始休診のお知らせ
2016年12月31日(土)~2017年1月3日(火)まで休診とさせていただきます。

診療時間

9:00~13:00
14:30~19:00

※最終受付は18:30まで
※祝日も曜日通り診療
※1月1日~3日を除き年中無休
※完全予約・担当医制