川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • 新ゆり山手通りこどもクリニック

新ゆり山手通りこどもクリニック

higashishiba_doctor

東芝 直樹 院長

東京都出身 順天堂大学医学部卒
◆日本小児科学会小児科専門医
◆日本小児神経学会学会員
◆日本日本小児アレルギー学会学会員

院長紹介

 
優しくて、頼りになる小児科医を目指す
 
東芝直樹院長は、小学校から高校までの間を新百合ヶ丘で過ごした。医師としての道を歩むためにこの地を離れていたが、縁があってこちらに戻り、小児科医として開業することになった。「子ども時代を過ごし、慣れ親しんだこの街での開業を選びました」と話す先生は、とても穏やかな表情をされていた。
 
■ 子どもたちの健康状態を良好に維持するために
 子どもたちは成長して一人前になるまでの長い間、さまざまな場面で家族をはじめとする周りの大人たちのサポートを必要とする。小児科医もまた、子どもたちの「健康状態を良好に維持する」ことをサポートできる存在だと先生は捉えている。しかし、子どもたちの健康状態が悪化した時、またはしそうな時、医師は診察・処置を行い、医学的観点から説明をすることはできるが、常に1人の子どもだけに付き添うわけにはいかない。そのため家族を含む周りの大人たちの理解と協力が、子どもたちの健康状態を良好に維持するためには必要不可欠だと言う。
 
■ クリニックの中から外へ 地域に寄り添う医療
 小児科医として開業すると、地域の子どもたちの健康を守るためにクリニックから外に出ることが多くなり、子どもに関わる人々と話をする機会も自然と増えていった。クリニックでの診察の他、保育園医・学校医・予防接種・乳幼児健診などを通して地域と密接に関わるようになり、病院勤務の頃とは違う目線で小児医療に携わるようになったと先生は話す。現在は医師1 人と看護師1人の体制で診療を行っているが、フットワークの軽さと経験を生かし、地域に寄り添った診療を行っている。

■ 小児科は子どもたちの未来を担う診療科目
 子どもが病気になった時、まず最初に受診するのが小児科だろう。少子化の進行や、他の診療科と比べて医師の負担が大きいなどの理由で小児科医は減少傾向にあり、一部では社会問題となっている。小児科は特定の診療ではなく全身にわたる診療を必要とする。そういう意味ではスペシャリストではなく、幅広い診療のできるゼネラリストと言える。「小児科は未来ある子どもたちを治療する診療科目です」と語る先生。子どもたちの未来のため、そしてこの街の未来のために、地域のかかりつけ医として、頼れる小児科医として大きく貢献したいと常に考えている。

  • メディカルモリノビルの2階に位置する
  • クリニック入口
  • 待合室
  • キッズスペース
  • 診察室

診療時間

9:00~12:00 × ×
14:00~15:00 × × ×
15:00~18:00 × × ×

※予=予防接種、乳=乳幼児健診です。
※火曜は15:00~16:00も乳幼児健診・予防接種を行います。一般診療は16:00~です。
※祝日は休診です。

  • 電 話
    044-281-3271
  • 所在地
    〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-2-2F 新ゆり山手通りこどもクリニック
  • WEBサイト
    http://www.shinyuriyamate.jp/