川崎市麻生区周辺の頼れるクリニック情報を紹介 地域のかかりつけ医を探すなら メディコラ

Follow Us
  • facebook
  • twitter
  • TOP
  • イベント情報

第2回 市民のための在宅医療フォーラム「あなたにあった在宅療養を知ろう」

あなたにあった在宅療養を知ろう
  開催日 2017.03.18 (土)

 
できる限り自分が住み慣れた地で必要な医療・介護を受けつつ、安心して生活を送ることができる社会の実現のため、厚生労働省は「在宅医療・療養・介護」を推進している。
では、在宅療養とはどんな仕組みで、どんな「かたち」があるのだろう? 川崎市麻生区在宅療養推進協議会では、そのような疑問を解消すべく「市民のための在宅フォーラム」を開催。第2回となる今回は、なぜ今、在宅療養なのかを紹介後、在宅医療のいろいろなかたちを具体的に紹介。今後多くの人が迫られる「自分らしいエンディングの迎え方」を考えるきっかけにもなるだろう。

 
時間/14:00〜16:30(開場13:30)
会場/新百合ヶ丘トウェンティワンホール 多目的ホール(小田急線・新百合ヶ丘駅北口より徒歩3分、川崎市麻生区万福寺1-2-2)
定員/250人
申込み/不要
参加費/無料

 
《プログラム》
●開会の挨拶/麻生区長 北沢仁美氏
〜在宅医療フォーラム開始〜
メインナビゲーター/あさお・百合クリニック 佐野順子氏(麻生区在宅療養調整医師)
●イントロダクション「なぜ今、在宅医療?」たま日吉台病院 渡邊みどり氏
●ケース1「家族に看取られて…」あさお診療所 清田実穂氏
●ケース2「私には身寄りがない」セントケア訪問看護ステーションあさお 山本妙子氏
●ケース3「介護のために仕事を辞めることはできません」ケアプランソーシャル 金長雄二氏
●ケース4「それでも施設という選択」たま日吉台病院 水嶋千佳氏
●ケース5「どうしますか?と選択を迫られたとき」渡辺クリニック 渡邉寛之氏
●ディスカッション
●閉会の挨拶/光中央診療所 小幡純一氏(前麻生区医師会長)

 
主催/川崎市麻生区在宅療養推進協議会
共催/麻生区医師会、麻生区訪問看護ステーション連絡会、川崎市介護支援専門員連絡会
後援/麻生区
協力/訪問介護連絡会「やまゆりの会」、麻生区薬剤師会、麻生区内地域包括支援センター

 
【問合せ先】
麻生区医師会事務局
TEL/044-951-1871(月・火・金 10:00〜17:00)